2015年9月30日水曜日

むむむむむむっつかしい

お待たせしました、森田です。

9月も終わりですね。やろうと思っててやれてないことはないでしょうか、、、。僕はあります、、、。

最近感じること、美容師の働き方というか、売れるとか、僕が若いころとは違ってきたなと。
僕が若くてスタイリストだったころ、他にも若いスタッフがいて、アシスタントとして何人も使って、教育して、自分の思った通りに動いてもらう、お客様をある程度任せれるスタッフがいて、お客様を何人も掛け持ちして担当する、で売上もドーン!みたいな働き方でした。

今は店の中にはスタイリストが多くてアシスタントが少ない、という状況が多いのではないでしょうか。うちはそうでね。

これからしばらくの時代は、一人のお客様を掛け持ちせずに担当して、ほぼマン・ツー・マンに近いかたちでお店の中でも接客させてもらう事が多くなるのではないでしょうか。


そんなことを感じるので、予約の取り方や時間配分などなど、いろいろ考えながらうまくやっていく必要がありますね。

これまで売上高や指名数が売れてる美容師の基準でしたが、そんなこと言ってたら時代遅れの気がします。

お客様一人ひとりと生涯関われる美容師、。来店周期の短い再来率、客単価、生産性この辺りが高い美容師が自然と人気が出てるんじゃないかな、とビシビシ感じております。


さ、やり残ってることやりましょ。

たまには硬いお話、お疲れ様でした