2016年6月9日木曜日

未来のスタイリスト

お待たせしました、森田です。朝のブログ更新が遅れ気味で、、m(_ _)m


タイトル通り トランクの将来を担う(笑)未来のスタイリスト 松さんこと松本尚美、

去年の6月からハサミを持つレッスンを始めて1年がたちました。

お客様を切らせてもらうまであと少しですが、本人は発信していく余裕がなさそうなので、その軌跡を少しお伝えします。

ハサミの動かし方から始まり、
初めて切るセイムレイヤー
髪を梳かして全て同じ長さにカットする技法です、髪を引き出す角度や、ハサミを入れる角度が少しでも狂うと同じ長さになりません。ここでは、どうしたら同じ長さになるかという原理原則と、自分が思っているカット位置と実際にしてるギャップを感じて修正していきます。

Gラインボブ
次はいわゆるワンレンボブ、うちではGラインボブと呼んでいます(よりナチュラルなワンレンボブになります)。下ろした時に髪が一直線上に揃ってラインが真っ直ぐなボブスタイルで、生えぐせや、後ろとサイドの違いを理解し、仕上がりで真っ直ぐなラインが作れるようにします。
この切り方では自然な収まりにならないという見本のような切り方をしてしまってますね。
まっすぐとは…。



グラデーションボブ
目がやられてますね、、、。


後頭部の丸みがキレイに出て、奥行きのあるボブスタイル。
髪を横に引き出して、持ち上げる角度を調整する(リフティングという技術)ことで、自由自在に思ったフォルムがカットできるようになります。キレイに見えるバランスも習得します。


応用編へ
縦に引き出す、斜めに引き出す、横に引き出すのを組み合わせフォルムを作っていきます。



オーバーダイレクトという前後のつながりの原理原則を理解してもらいます。

だいぶまっすぐになりましたね。



今はヘアスタイルの写真を見て、構造を設計し、作図し、それ通りにカットする、それを叩き込んでいます。

今年中にはカットデビューすると言うてますので、みなさま応援してあげて下さいm(_ _)m

ご来店の際には「カット練習進んでる??」と聞いてやってください☺

がんばれ松!!目指せ売れっ子☺

森田の愛のある教育は続きます。